「ヘナ事典」を「ヘナ愛」で作っていきます! 

ヘナ事典 ヘナ情報あれこれ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

わたし(「ヘナ愛」管理人の山中登志子)は「買ってはいけない」とか「つけてはいけない化粧品」とか言ってきたので、ときどき「なんの化粧品を使っているのですか?」と聞かれたり、おすすめ化粧品をすすめられたりすることがあります。

髪もずぼら組ですが、顔もほぼノーメイク。石けん愛用でほぼ顔のお手入れはせず。ときどきのお出かけ時に、化粧を忘れないように、メイクをする暮らしです。

そんなわたしが、ファンだといっている化粧品会社があります。

今回は、なぜファンなのか、ノーメイク派になったのはなぜか? そして「ヘナ愛」をより深めるために、「ヘナ事典」をつくりたいと思っているのはなぜか? そんなお話をしていきます。

塗ればつっぱるから、また塗ってまたまたつっぱる化粧品

かれこれ20年前、「化粧品成分事典」(小沢王春監修、 2003/7/1)、「プチ事典 読む化粧品―肌が変わるコスメ選びが変わる」( 2005/4/1)を編集しました。

ゼノア化粧料本舗(東京美容科学研究所)の社長でもあった小澤王春さんは、化粧品の開発に生涯をかけてきました。合成洗剤の主原料で、化粧品の原料にかなり”貢献”した合成界面活性剤の毒性を約30年にわたって主張してきた方です。わたしも「買ってはいけない」化粧品企画ではお世話になりました。

そのお父様で、ゼノア創始者が小澤王晃さん。界面活性剤と化学添加物の問題を「化粧品公害」と名づけて指摘を続けました。1955年~の話です。

樹木希林のノーメイク、石けん1つのシンプルライフ

「塗ればつっぱるから、また塗ってまたまたつっぱる。そして、シミへとまっしぐら!」と合成界面活性剤入り化粧品の問題を知ったのは、船瀬俊介著「買ってはいけない化粧品」でした。船瀬俊介さんとの出会いから200万部の「買ってはいけない」企画が生まれました。

化粧に手間暇、労力、お金をかけているのに、顔がつっぱっていませんか?

「買ってはいけない化粧品」だったと思うのだけど、女優の樹木希林さんのコメントと一緒に、彼女がノーメイクなのは化粧品の害(問題)がわかっているから・・・といったようなことが書かれていました。

化粧をしないほうが肌がきれい、健やかと言い切っているのは、20代当時、かなり衝撃的でした。

それと小沢王春さんとの出会い(肌にトラブルを与えるのは化粧品原料の合成界面活性剤)もあって、ずぼらなわたしはほぼノーメイク派へgo!

樹木希林さんは年を重ねても、ふだんは化粧もせずにリップクリームだけ。風呂場にも石けんを1つだけ。それで顔もからだも洗って、髪もシャンプーは使わないで湯洗いのみ・・・とかなりかなりのシンプルライフでした。

「顔には何もつけない。シャンプーもしないわね。仕事で色々つけられてベタベタになったときは床屋さんに行く。手早いから好きなのね。」と「AERA」のインタビューでも答えていました。

72歳のとき、オファーがあった化粧品のCMも「(こういう年齢で)顔に塗って、きれいになります」という広告には出れないときっぱり断っていました。

テレビや雑誌をとおして見ても肌がきれいでしたね。うまれついた肌のことを思って、そのままがいいという見本なんだろうと思っています。

ゼノア化粧料の「やさしい化粧品のはなし」

樹木希林さんのように、年をとること(エイジング)もオモシロがれるようになりたいものです。また毎週1回ヘナ染めの髪とあわせて、ずぼら手入れの肌も「きれいだね」とか言われたいです。ちなみに、顔がつっぱったこと、わたしはありません。

肌のバリアを壊さないように、メイクアップ化粧品より基礎化粧品選びがとにかく大事だと思っています。「どこの化粧品がおすすめ?」と聞かれたとき、「うまれついた肌」「本来の肌を守る」という、ゼノア化粧料の「やさしい化粧品のはなし」が好きだと言って、「ゼノアクリームA‐30、ゼノアローションA‐30アルファのファンだ」と伝えています。

【小澤王春さんの言葉】
・美容についてウソはいわない、妥協しない。
・誇大広告はしない。
・物品販売を目的とした指導はしない。

ホームページ 通販サイト | GENOA-ゼノア化粧料本舗-
ゼノア化粧料の公式ウェブサイト。ゼノア化粧品の紹介、販売店のご案内、企業情報、美肌になるためのコラムなどを掲載。ゼノア通販公式サイトもリリースしました。

いまあらためてこの言葉、忘れないようにしよう!と思いました。

「化粧品成分事典」から「ヘナ事典」へ

2001年4月、化粧品に含まれる成分表示が義務づけられたことで、消費者にもどんな成分が化粧品に入っているかわかるようになりました。

肌のしくみ、化粧品の基礎知識や種類を解説し、4000種類ほどの化粧品成分を紹介したのが、小沢王春監修「化粧品成分事典」です。

知らないことを編集していくことはかなり勉強になりました。

「化粧品成分事典」
「化粧品成分事典」

愛用化粧品の素顔がわかるように、つけてはいけない化粧品&つけてもいい化粧品の見分け方、自己採点で化粧品が判定できるような事典にしました。

「化粧品成分事典」の編集をしたことで、肌のバリアなどについて学び、塗りたくるからは卒業だよ!と思いました。

しかし、2003年はまだ、ヘアケアのところをみても化粧品「ヘナ」にまったくふれていません。

次は「ヘナ事典」づくりへ。よちよちの美容師だし、まだまだ知らないことがたくさんありますから、「ヘナ愛」とともに深めていきたいです。

「ヘナ事典」をつくっていくには、ヘナだけではなくアルカリヘアカラーのことなども知っておかないといけないので、

・髪のしくみ
・ヘアカラーの種類、タイプ別特徴
・毛染めのメカニズム
・ヘアカラーのトリセツ、ヘナのトリセツ
・毛染め語句  などもまとめていけたらと思います。

「ヘナ事典」サイトでいくつか語句をあげています。これから埋めていきますので、ときどきのぞいてみてくださいね。「こんなヘナ語句もあるよ!」「これってどういうヘナ用語?」などあったら、ぜひ教えてください。

語句同義語種類説明代表商品
アッシュヴァリュー
アナフィラキシー
アミノフェノール類成分
アーユル・ヴェーダ
アルカリカラー
アルカリ剤ヘアカラー
アレルギー
アレルギー性接触皮膚炎
アンダートーン髪が持つ下地の色。目には見えない「感じる色」。
育毛
一時染毛料
一時着色料テンポラリーヘアカラー
医薬部外品
色合い
インディゴ成分
インド産ヘナヘナ
インドラジャスターン州ヘナ
ウコン
薄毛
うねり毛
永久染毛剤パーマネントヘアカラー
エコサートフランス
お帰りヘナ塗るだけヘナ、ホームヘナ
オーガニック
オーガニック認証機関
おしゃれ染め
オハグロ式白髪染め
過酸化水素オキシ
過酸化バリウム成分
かぶれ接触皮膚炎
髪トラブル
カラースティック
カラートリートメント
カラーマスカラ
カラーリング
カラーリンス
キューティクル
金属性染毛剤
グレイヘア
景品表示法法律
化粧品製造業の許可
化粧品製造販売業の許可
ケミカルヘナ
合成シャンプー
公正取引委員会
厚生労働省
国産ヘナヘナ
国民生活センター
酸化染毛剤アルカリ性タイプカラー
酸化染毛料
ジアミン系
ジアミンアレルギー
シカカイ
刺激性接触皮膚炎
食品分析センター
女性ホルモン
植物性染毛料
白髪
白髪染め
スカルプ頭皮
製造物責任法PL法法律
石けんシャンプー
接触皮膚炎
セルフヘナ
染毛料
脱染剤ヘアライトナー
脱色剤
脱毛
タール系色素
ナチュラルヘナヘナ
ナンバンアイ
日本ヘアカラー工業会
塗るだけヘナお帰りヘナ、ホームヘナ
ネットワークビジネス
ノンジアミンカラー
ハイライト
バージンヘア
パッチテスト毛染め48時間前、肌のやわらかい部分につけてチェック。
パラアミノフェノール
パラフェニレンジアミンPPD
半永久染毛料セミパーマネントヘアカラー
ピクラミン酸
非酸化染毛剤
美容師法法律
美容ディーラー
敏感肌
プライマリーカラー
ブラックヘナ
ヘアカラー
ヘアカラースプレー
ヘアカラートリートメント
ヘアカラーファンデーション
ヘアダイ
ヘアブリーチ脱色
ヘアマニキュア
ヘアライトナー
ヘナ(ヘンナ)ヘナ植物性染毛料。
ヘナ100%
ヘナサロン
ヘナ蒸し
ヘナ風呂
細毛
ホームヘナお帰りヘナ、塗るだけヘナ
メンズヘナ
毛髪着色料
メヘンディヘナ
モイスチャー
毛髪診断
毛髪のレベル
理容師法法律
ローソン含有量ヘナ
S
SDGsSustainable Development Goals持続可能な開発目標
UUSDAアメリカ農務省
WWHO世界保健機関


エムテック江口照久
江口照久

「ヘナ事典」の監修は江口照久さん。”ヘナ伝道師グッチ”こと、江口さんは美容師で、ヘナメーカー「エムテック」代表。

ヘナ伝道師として22年、1000回以上の「ヘナ塾」を全国で開催しています。さらに現在、沖縄うるま市で、ヘナの畑作り・栽培・加工・販売まで行なっています。

インドヘナだけでなく国産ヘナも知るヘナの生産者、美容師、ヘナメーカー代表です。「ヘナ事典」監修のいちばんの適任者だと思い、お願いしました。

タイトルとURLをコピーしました