TOP

わたしのヘナ愛

ヘナ書籍&記事

ヘナの古き伝統&最先端、ヘナタトゥーコンテストと生成AI(人工知能)ヘナアート ~ 「ヘナ」記事一覧<2023年10月~12月>

「Googleアラート」から届く最新情報から「髪、ヘナ」のニュースを紹介。2023年10~12月は海外発で伝統的なヘナアートを保全するためのヘナタトゥーコンテスト、生成AI(人工知能)を使って伝統芸術を保つ方法など、最新と伝統のヘナ記事。
ヘナタトゥー&メヘンディ

<消えるタトゥー>猫、パンダ、花、蝶、キス、ドクロ柄も手軽に楽しめる「ヘナアート」

”消えるタトゥー”ヘナタトゥーもステンシルシート(絵や文字などの柄を切り抜いた型紙)を使えばとっても簡単。上からヘナペーストを塗って、乾いてはがせば出来上がり!ヘナ100%商品の染まり具合の比較をヘナタトゥーで楽しみながら比較中(随時更新)。
美容&理容室で染める<プロヘナ>

ヘナ染めしたまま「大阪~東京」新幹線乗車。16時間染めで深い染まり&尿が茶緑でデトックス気分!<塗るだけヘナ&お帰りヘナ 初体験>

プロにヘナ染めをしてもらって、そのまま帰宅する「お帰りヘナ」を初体験。大阪で安心の国産ヘナをたっぷり染めてもらって、ターバンを巻いたまま新幹線に乗って東京へ。16時間放置でかなり濃く染まってサラサラ感抜群。尿が緑色になってデトックス気分いっぱい。
ヘナ書籍&記事

白髪染め「ヘナ」の広がりを感じる大手出版(主婦の友社、集英社、講談社、宝島社)の記事 ~ 「ヘナ」記事一覧<2023年7月~9月>

「Googleアラート」から届く最新情報から「髪、ヘナ」のニュースを紹介。2023年6~9月は主婦の友社「OTONA SALONE」、集英社「OurAge」、講談社「mi-mollet(ミモレ)」、宝島社「リンネル」といった大手出版社掲載。ジャパンヘナ、uka、ナイアードと大手&新興ヘナメーカーの記事。
ヘナメーカー&商品

<ヘナ100% 商品別”温湯”比較>水分量が多いと染料は薄まり、染まりも悪くなるのか?

さまざまなヘナが販売中。ヘナに対して水(温湯)の量もメーカーによってさまざま。マヨネーズくらい、味噌のようにといった感覚的でもよいのもヘナの手軽さです。加える温湯の量が多いとローソン含有量は減って薄まり、染まりも悪くなる可能性あり。商品名、温湯の量、放置時間、価格を一覧にしてみました。
ヘナ情報あれこれ

あなたはヘアカラー向き? それともヘナ向き? ~ 白髪染めchart<Ver.1>

白髪染めで、あなたはヘアカラー向きなのか? ヘナ向きなのか? 白髪染めで大事にしたいこだわりからチャートを作成。1)色優先 2)時間優先 3)健康・安全優先 4)経済優先 の優先順位からチェック。ヘアカラーとヘナはまったく別な概念ということを伝える。
ヘナ書籍&記事

カシオペアの別名「ヘナで染めた手」、ネットワークビジネス、ヘナ市場調査レポート、ヘアカラーに逆戻り体験など ~「ヘナ」記事一覧<2023年6月> 

「Googleアラート」から届く最新情報から「髪、ヘナ」のニュースを紹介。今月はカシオペアの別名「ヘナで染めた手」、ネットワークビジネス、ヘナ市場調査レポート、ヘアカラーに逆戻り体験など。記事の中には「広告記事」もあり。メディア&CMリテラシー(メディアやCMから得た情報を見極めるスキル」も大事。どの媒体で掲載されているかもチェックポイント。
自分で染める<セルフヘナ>

「ヘナ染め」月記(2023年3月~5月)、インド産、モロッコ産、国産、日本製のヘナ100%で染めてみた!

「ヘナ染め」月記。2023年3~5月はインド産、モロッコ産、国産、日本製のヘナで7回ほどセルフヘナ。日本で販売されているヘナの多くはインド産。ここ数年で国産ヘナも手に入るようになってきた。月2、3回のヘナ染めオンリーで髪もダークオレンジになっている。
ヘナ書籍&記事

国産ヘナ、コロナ禍のセルフヘナ、奥菜恵ヘナタトゥーでセミヌードなど ~「ヘナ」記事一覧<2023年4月、5月>

「Googleアラート」から届く最新情報から「髪、ヘナ」のニュースを紹介。国産ヘナ(沖縄、石垣)、コロナ禍で美容院に行けなくなってセルフヘナをはじめた女性、女優の奥菜恵さんが15年前28歳のとき「ヘナタトゥー」を入れてセミヌードになっていた話題もあり。記事の中には「広告記事」もあり。メディア&CMリテラシー(メディアやCMから得た情報を見極めるスキル」も大事。どの媒体で掲載されているかもチェックポイント。
ヘナ情報あれこれ

「ヘナに硫酸ナトリウムと食塩を加えると髪が濃く染まります」(杉原利治さん・岐阜大名誉教授)<ヘナの実験>

杉原利治さん(岐阜大名誉教授)の「ヘナ(ローソン)による毛髪の保護効果」の実験によれば・・・ヘナに硫酸ナトリウムと食塩を加えると髪が濃く染まる。ヘナはキューティクルを剥がれにくくする保護効果があることがわかった。ヘナ研究者が少ない中、貴重な情報。硫酸ナトリウムと食塩は手軽に手に入る。