<ヘナの染め方>Q&A㉔ Q)1回あたりのヘナの使用量はどのくらいがおすすめ? A)まずヘナ選びが大事。普通毛量でS70g、M100g、L150gで試してみましょう。

Q)1回あたりのヘナの使用量はどのくらいがおすすめ? ヘナQ&A
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

「ヘナ」についての疑問、質問にお答えしていきます。

「ヘナQ&A」の回答は江口照久さん(「エムテック」代表、美容師)。インドヘナだけでなく、国産ヘナも知る「国産ヘナの生産者」。そしてプロヘナ、ヘナ歴25年のヘナ伝道師です。

Q 1回あたりのヘナの使用量はどのくらいがおすすめですか?

ヘナ美
ヘナ美

どのくらいのグラムのヘナを使ったらいいかしら?

江口照久
江口照久

普通毛量でショート70g~、セミロング100g~、ロング150g~。

細毛は少なめ、太毛は多め。ヘナショックも解消されます。

一般的なセルフヘナのヘナの量は、ショート(S)30g、セミロングヘア・ミディアムヘア(M)50g、ロング(L)100gと言われています。これは、ヘナパウダーに対して3~4倍の温湯を加えているからだとも言えます。

Q)1回あたりのヘナの使用量はどのくらいがおすすめですか?

しかし、このタイプだと「粒度が粗い=温湯を多量に加える」ことになって、ヘナの染料であるローソン色素は3~4倍に薄くなっています。

ヘナを毛髪に対して飽和状態にするため、ヘナパウダーに対して2.5倍~2.8倍程度の温湯ヘナを選択し、ショート(S)70g~、セミロングヘア・ミディアムヘア(M)100g~、ロング(L)150g~ がおすすめです。

ただし、これは普通毛(毛髪直径0.08mm)に対しての量です。細毛(0.05mm以下)であれば少なめでも構わないし、太毛(0.15mm以上)であればもっと多くのヘナパウダーを使用します。

Q)1回あたりのヘナの使用量はどのくらいがおすすめ?

ヘナショック(きしみ、ゴワゴワ感)の大きな要因は、毛髪の状態に対してヘナペーストの塗布量が少ないことも考えられます。

ヘナメーカー「エムテック」代表・美容師・ヘナインストラクター

エムテック江口照久
”国産ヘナ伝道師”江口照久


ヘナ歴25年、ヘナ伝道師グッチ

ヘナ伝道師として22年、1000回以上の「ヘナ塾」を全国で開催。現在、沖縄うるま市で、ヘナの畑作り・栽培・加工・販売まで行なっている「国産ヘナの伝道師」。

ヘナ伝導師 グッチのほっこりヘナブログ
ヘナ伝導師「グッチ」さんのブログです。最近の記事は「 私が【お帰りヘナ】【お休みヘナ】を薦める理由(画像あり)」です。
<ヘナの選び方>Q&A㊾ Q)1回のヘナで効果を最大限に引き出すにはどうしたらいいですか? A)きめ細かい、ローソン含有量が多いヘナを選びましょう。加える温湯が少ないほどヘナパウダーは細かく、多いほど粗いです。
<ヘナ染め後>Q&A㊽ Q)友だちと同じヘナで染めたのに、同じ仕上がりになりませんでした。A)6つの違い(毛質、白髪の量と色、ヘナペーストの粘性、ヘナの塗布量と放置時間)で、染まり方が違ってきます。
<ヘアケア>Q&A㊼ Q)リンス、コンディショナー、トリートメントの違いは? A)リンスとコンディショナーは同じもの、トリートメントを薄めたらコンディショナー。ダメージケアの回復は一時的です。
<ヘアケア>Q&A㊻ Q)おすすめのシャンプー方法を教えてください。A)お湯洗いをしっかり! シャンプー基剤&特徴に注目し、必要最小限の利用を!
<ヘアケア>Q&A㊺ Q)シャンプー後、ドライヤーを使用したほうがよいですか? A)酸っぱい悪臭、かゆみの原因になるのでドライヤーは必要です。風量が多く、低温タイプがおすすめ。
「ヘナ事典」part1 ~オーガニックヘナ、ケミカルヘナ、国産ヘナ、セルフヘナ、ナチュラルヘナ、塗るだけヘナ、パッチテスト、ピクラミン酸、ブラックヘナ、メンズヘナ、メヘンディ、ヘナタトゥー、ローソン……ヘナ全般20用語
「ヘナ事典」を「ヘナ愛」で作っていきます! 
タイトルとURLをコピーしました