ヘナ書籍&記事(Googleアラートから最新「ヘナ」情報)

ヘナトピックスの記事と書籍
スポンサーリンク

ヘナに関する記事、書籍を紹介していきます。

記事は「Googleアラート」から届く最新情報をそのまま、書籍は「ヘナ愛」管理人(山中登志子)が読んで本棚&kindleの中にあるものから紹介しています.おすすめ書籍&記事はブログでくわしく紹介していきます。

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

記事の中には「広告記事」ということもあります。
メディアリテラシー(メディアから得た情報を見極めるスキル」が大事にもなります。
「CMリテラシー」とも言えそうです。

ヘナの古き伝統&最先端、ヘナタトゥーコンテストと生成AI(人工知能)ヘナアート ~ 「ヘナ」記事一覧<2023年10月~12月>
白髪染め「ヘナ」の広がりを感じる大手出版(主婦の友社、集英社、講談社、宝島社)の記事 ~ 「ヘナ」記事一覧<2023年7月~9月>
カシオペアの別名「ヘナで染めた手」、ネットワークビジネス、ヘナ市場調査レポート、ヘアカラーに逆戻り体験など ~「ヘナ」記事一覧<2023年6月> 
国産ヘナ、コロナ禍のセルフヘナ、奥菜恵ヘナタトゥーでセミヌードなど ~「ヘナ」記事一覧<2023年4月、5月>
ファッション誌(フィガロジャポン、Esquire、VOGUE、marie claire、 ELLE)でもヘナ記事が登場!~「ヘナ」記事一覧<2023年1月~3月>
  1. 2024年「ヘナ記事」 *「Googleアラート」「髪 ヘナ」より 
    1. 頭皮にやさしい「ヘナ染め」の基本と手順。悩める大人女性の白髪問題/美容エディター・伊熊奈美さん<天然生活>(2024/2/18)
    2. ヘナパウダー市場の強化、成長、需要、および2031年までの事業開発<漢方デスクニュース>(2024/2/7)
    3. 2023年秋冬にかけて収穫されたフレッシュな”二番摘みヘナ”の先行予約を2月4日(日)にスタート!同日11時に記念インスタライブの配信も<PR TIMES>(2024/2/4)
    4. 一般的なカラーから沖縄ヘナカラーに<マイベストプロ 北海道>(2024/1/30)
    5. メヘンディ描きの排除と「美しい」都市~バイブス人類学 第7回<集英社新書プラス>(2024/1/16)
    6. 【アラフォー、色んなヘアアレンジに挑戦する】大人の二つ結び<LEE – Happy Plus>(2023/12/26)
    7. 【AsianScientist】生成AIを使い伝統芸術を発展<Science Portal Asia Pacific>(2023/11/24)
    8. 【大阪 心斎橋】天然ハーブの白髪染『ハナヘナ』のちから<シティリビングWeb>(2023/11/17)
    9. 伝統文化保全でヘナ・タトゥー<じゃかるた新聞>(2023/11/8)
    10. 「大丈夫だよ。ウカヘナがある。」 ウカヘナユーザーボイスの動画を公開<PR TIMES>(2023/10/6)
    11. 2023年春夏に収穫されたフレッシュな“新ヘナ”。10月4日(水)に一番摘み uka クイーンオブ石垣 ヘナを発売<PR TIMES>(2023/10/5)
    12. 更年期の「弱ってしまった髪」に天然100%ヘナが絶対にいい「これだけの理由」<OTONA SALONE><NewsCafe>(2023/9/21)
    13. 更年期、髪が「細くなってヘロヘロ」「うねりまくり」「ハリ・コシ激減」している人に。「天然100%ヘナ」で一生美髪を目指せる!<OTONA SALONE>(2023/9/21)
    14. 【40代・50代のヘアスナップ】ヘナとハーブで寒色系に染めたショートヘア<OurAge>(2023/9/9)
    15. ヘナは白髪染め世代の救世主なのか⁉ 傷まない?髪が若返る?疑問をプロに聞いてみました【ヘナ染め・後編】<mi-mollet(ミモレ)>(2023/9/1)
    16. 髪のプロが選ぶ【白髪用カラートリートメント】 髪に優しく、自然に染まる! 使い方のコツも聞きました!<リンネル.jp>(2023/8/31)
    17. 繰り返しの白髪染めに不安を覚える40代。ヘナで白髪を染めたら嬉しい変化が!【前編】<mi-mollet(ミモレ)>(2023/8/25)
    18. ヒットの予感(15)「ヘナ」現代人の髪悩みを解決する伝統ハーブ <国際商業オンライン>(2023/8/7)
    19. ukaのヴィーガンヘアカラーは一歩先へ。8月6日(日)正午より“新ヘナ”の先行予約をスタート。記念インスタライブの配信も<PR TIMES>(2023/8/5)
    20. ミニサイズで夏になりたい髪色を試せる<PR TIMES><時事メディカル>(2023/8/2)
    21. 自分で簡単キレイな白髪染め! 植物100%の「ナイアードヘナシリーズ」で髪にうるおいを与えよう<ガジェット通信 GetNews><新商品ナビ>(2023/7/27)
    22. 30歳から始めた白髪染め! 約15年の白髪との付き合いでわかったことは【体験談】<ウーマンエキサイト>(2023/6/27)
    23. ウィンライフ・ジャパン/頭皮環境の改善に寄与/髪と頭皮ケアの新製品を発売<日本流通産業新聞>(2023/6/18)
    24. 心にも体にも地球にも優しい!植物療法でナイスエイジングを叶えよう<ウーマンエキサイト>(2023/6/17)
    25. ヘナパウダー市場規模、シェア、成長、傾向、予測2023-2030年<有限会社キムズ>(2023/6/15)
    26. 「やっちゃお、攻めカワ」広がる髪色の自由化<読売新聞>(2023/6/10)
    27. 夏の星座をモチーフに!美しいブルートーンネイル新発売<ウーマンエキサイト>(2023/6/6)
    28. 県産ヘナ・琉球藍への思いを貫く 株式会社レイ企画 代表取締役 中村はる美さん<琉球新報>(2023/5/18)
    29. 「ノンケミカルの選択肢を作る責任がある」 ヘアサロン「ウカ」が提案するヘナカラー<WWD>(2023/5/18)
    30. ヘナタトゥーを入れた背中やメイドコスプレを披露以上の“衝撃告白”も…“元魔性の女”奥菜恵(43)の「正直すぎる女の生き方」《3度目の退社》<文春オンライン>(2023/5/16)
    31. 染めるほどツヤがアップ&髪しっとり!セルフでもできる「ヘナ染め」に変えて正解!【体験談】<ウーマンエキサイト>(2023/4/29)
    32. 【V-air導入事例】「メタバースで熱量が伝わるコミュニケーションを」株式会社ジャパンヘナ様の事例をご紹介します<PR TIMES>(2023/4/19)
    33. 50代頭皮が心配…ダメージが少ない白髪染めって?(Web eclat) – Yahoo!ニュース<エクラ2023年4月号>(2023/4/17)
    34. 山本浩未さんのカラーリング術。ヘナ+セルフ染めを併用し、ツヤと色の遊びで気分を上げて Yahoo!ニュース<『クウネル』2023年1月号>(2023/4/12)
    35. ナイアードのヘナシリーズに『ヘナ+木藍 黒』が登場! 自宅で手軽に染められるヘナをおためし♪<おためし新商品ナビ>(2023/3/28)
    36. ヘアカラーは、ノンケミカルなヘナカラーにシフト。<Beautyーフィガロジャポン>*「フィガロジャポン」2023年3月号より抜粋(2023/3/23)
    37. ヘナカラーのおすすめ8選|髪をいたわりながら自宅で白髪染め<Esquire>(2023/3/20)
    38. 創業35年「JAPAN HENNA」 ヘナ塗布に特化した「ヘナスカーフ」を開発<PR TIMES>(2023/2/15)
    39. ヘナ染めでもモードな仕上がり。トップサロンで受ける至福のヘナ【エディター体験禄】<VOGUE>(2023/2/7)
    40. グレイブレンディングの選択肢に。進化したヘナカラーをレポート【エディターの推しコスメ】<VOGUE>(2023/2/6)
    41. 白髪も染まるヘナカラーとは? その効果やメリット・デメリットを解説<marie claire>(2023/1/27)
    42. 【第二弾】実はこれが原因かも? 抜け毛や薄毛が進行する意外な理由。おすすめグッズもご紹介< さかにゅー>(2023/1/26)【協力:スーパースカルプ発毛センター堺東店】
    43. 頻繁なサロン通いから解放!おうちで「カラダにいい白髪染め」始めませんか?< ELLE>(2023/1/12)
    44. 【美を伝える人-企業編-】uka 渡邉弘幸氏(後編) 石垣産ヘナでヘアカラーの概念を変える<FASHIONSNAP.COM>(2022/12/27)
    45. 白髪は減らせる?!『カラダにいい白髪染め』をオンラインで学ぼう<ウーマンエキサイト>(2022/12/24)
    46. 薄毛、白髪の原因はヘアカラーだった!? 今すぐヘアカラーをや部るべき理由 白髪を隠したくて染めているなら、逆効果かもしれない?<wellness>(2022/12/17)
    47. 【ヘナ染め2022最新】ヘアカラーの歴史が変わる!? ヘナカラーの基本のき&最前線を人気ヘアスタイリストが伝授! 髪にも頭皮にも地球にも優しい! ヘアカラーの新トレンド、「ヘナ染め」って?<ELLE>(2022/12/01)
    48. 白髪を隠す派? 染めないで見せる派? グレイヘア芸能人1位は〈週刊朝日〉(2022/11/13)
    49. ヘナに初挑戦!moi奮闘記<紹介ヘナ:マックヘナ>(2022/10/16)
    50. ヘナカラーで白髪染めも自然な仕上がりに! ヘナカラーのメリット・デメリット 健康的に白髪染めをしたい人は必見! <使用ヘナ:ラクシュミー>(2022/09/28) 
  2. 「ヘナ」書籍   *新しく出版された順番で紹介
    1. 「脱白髪染めのはじめかた でもいきなりグレイヘアは無理!」(伊熊奈美)2022/9/8
    2. 「国産ヘナ教本」(エグチテルヒサ)2021/8/1
    3. 「髪 あるがままの美しさを求めて」(森田要)2021/4/26
    4. 「いい白髪ケア、やばい白髪ケア」(伊熊奈美)2020/10/28
    5. 「一生美髪 ヘナが教えてくれたこと」(おっこ) 2019/4/19
    6. ヘナ巧匠 2017/7/1
    7. 「最高のヘナを求めて ー髪を美しくする奇跡の植物」(森田要)2017/5/1
    8. 「ヘナ伝道師グッチ『ヘナ教本』」(エグチテルヒサ)2017/3/21
    9. 「神秘の植物、ヘナ」(中西洋子)2017/1/1
    10. 「新版 なっとく!のヘアカラー&ヘナ&美容室選び」(森田要&山中登志子)2015/12/11
    11. 「美髪再生―髪にやさしいヘンナをはじめましょう」(塩田鹿納命)2008/7/1
    12. 「トリートメントヘアカラー ヘナ―若々しく美しい髪を保つために」(塩田要)2000/6/1

2024年「ヘナ記事」 *「Googleアラート」「髪 ヘナ」より 

頭皮にやさしい「ヘナ染め」の基本と手順。悩める大人女性の白髪問題/美容エディター・伊熊奈美さん<天然生活>(2024/2/18)

伊熊奈美さん(美容エディター、毛髪診断士 認定指導講師、毛髪技能士)が「ヘナ染め」について、イラスト付きでわかりやすく紹介。伊熊さんも、30代前半から白髪に悩み、ホームケアからサロンケアまであらゆる方法にトライしてきた。Q 染めるのに時間がかかるのでは? Q 一度ヘナ染めしたら、ずっとヘナ染めに? Q ヘナ染めは明るい色にならない? Q 髪がきしむというのが心配です……の疑問にも答えてくれている。準備するもの、おすすめのヘナパウダーも紹介。著書に『いい白髪ケア、やばい白髪ケア』(小学館)。インスタグラム@namiikuma_hairista

ヘナパウダー市場の強化、成長、需要、および2031年までの事業開発<漢方デスクニュース>(2024/2/7)

「ヘナパウダー市場」調査レポートには、需要、成長、機会、課題、および制約に影響を与える要因に関する詳細情報が含まれています。一次および二次調査の方法論など、ターゲット市場のデータを分析するためにいくつかのアプローチを使用します。 ヘナパウダーの市場調査は、正確で価値のある情報を提供するインテリジェンスレポートです。レビューされたデータは、(*原文ママ 続く)

2023年秋冬にかけて収穫されたフレッシュな”二番摘みヘナ”の先行予約を2月4日(日)にスタート!同日11時に記念インスタライブの配信も<PR TIMES>(2024/2/4)

トータルビューティーカンパニーukaが2月4日(日)、天然の植物ヘアカラー「uka クイーンオブ石垣ヘナ」から特別な“二番摘みヘナ”(収穫されたのは2023年10月〜12月初旬)の先行予約開始。「猛暑を耐え、石垣島周辺を通過した台風がもたらす雨が恵みとなって、今年の二番摘みヘナは元気いっぱい」と生産を手がける玉城享子さん。2月4日(日)11時からuka代表・渡邉季穂とヘアスタイリスト・shuco氏がウカヘナライブを配信。

一般的なカラーから沖縄ヘナカラーに<マイベストプロ 北海道>(2024/1/30)

髪のダメージが激しく、へアカラーをしているお客さんにヘナ染め。キュビズムカット®でくせ毛の悩みをカバーするプロという、日向理恵(美容室アリエッティ)さんのコラム。沖縄ヘナを塗布1時間。ヘナとインディゴミックスで染めて40分後にシャンプー。当日、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後のビフォアー・アフター写真をアップ。回数を重ねるごとにダメージはなくなって、しなやかな髪の弾力と艶が出てきている体験談。「ヘナカラー」というと、ヘナ入りヘアカラーともとれるので、天然植物染料ヘナ100%はやはり「ヘナ染め」がベター。ヘナは白髪がオレンジになるだけ。*「マイベストプロ」は地元の専門家を探せるWebガイド。都道府県ごとに全国各地の新聞社、テレビ局等が運営。登録専門家数3000名以上!ライター取材の紹介記事。

メヘンディ描きの排除と「美しい」都市~バイブス人類学 第7回<集英社新書プラス>(2024/1/16)

長井優希乃さんは「生命大好きニスト」で、ヘナ・アーティスト、芸術教育アドバイザー。ネパールでヘナ・アート(メヘンディ)に出会ったことがきっかけで、世界各地でヘナを描きながら放浪。大学院ではインドのヘナ・アーティストの家族と暮らしながら、文化人類学的研究を行なった。メヘンディを描く人々の暮らしを調査するためインドへ。2017年以来、5年ぶりに訪れたインドのデリー。ハヌマーン寺院広場での路上メヘンディ描きと警察の攻防から見えてきた「美しい都市」と排除の関係を伝える。

【アラフォー、色んなヘアアレンジに挑戦する】大人の二つ結び<LEE – Happy Plus>(2023/12/26)

集英社発行「LEE」は、30代を中心とした女性たちに向けたファッション&ライフスタイル誌。「LEE」が誇る読者ブロガー組織「LEE100人隊」の1人チャンアキさん(37歳、子ども3人)による記事。「この間《ヘナ》で髪の毛を染めてから、その染め上がりに感動!! そして白髪を気にせずにいられることからヘアアレンジ熱が高まり!!」と連日、ヘアアレンジに挑戦中。白髪を気にしなくなるとヘアアレンジも楽しめますね。

【AsianScientist】生成AIを使い伝統芸術を発展<Science Portal Asia Pacific>(2023/11/24)

生成AI(人工知能)を使い伝統芸術を保つ方法を模索する、ヘナアーティスト兼メイクアップ アーティストのサエダ・サミア・ナスリンさん。5歳のときに叔母の結婚式で初めてヘナを塗ってもらった。年上の女の子や大人の女性をうらやましく、手足はとがった葉や点状の渦巻きといった複雑なヘナタトゥーで飾られ、芸術作品のように見えたという。

バングラデシュのチッタゴン独立大学に在籍時、AIを利用してヘナとコンピュータサイエンスを組み合わせれば、伝統的な芸術様式を発展させることに気づき、伝統芸術の制作を開始し、人間が作成したデザインに匹敵するヘナタトゥーを生成した。公開されているヘナタトゥーの画像10,000枚を収集。重複した画像や除去できなかった画像を削除後、1,915枚の画像が残った。ほぼ完璧な設計だと思ったが、まだ十分ではなかった。AIで伝統芸術はて身近なものになり、手頃な価格なものになるが、伝統芸術の価値が低下するのではないかと懸念。葛藤中だ。*「Science Portal Asia Pacific 」はアジア・太平洋地域の科学技術に関する日本語ポータルサイトより

【大阪 心斎橋】天然ハーブの白髪染『ハナヘナ』のちから<シティリビングWeb>(2023/11/17)

半月に1度と白髪染めをしていたら、ジアミンアレルギーになって、ヘアカラーが出来なくなった女性のヘナ染め体験記。出会いは『自然派美容室つむぎ』(大阪 心斎橋)。ヘナは「ハナヘナ」。「ナチュラルで素敵でちょっと不思議な店内」で、ヘナの粉をぬるま湯で溶いて、草色のどろんこ遊びみたいな粘土質のヘナを塗ってもらって現在、3回目リピート。「白髪の出てくるサイクルがすごく遅くなってきた」「髪質もとても良くなった」との感想。*「シティリビングWeb」は、オフィスで働く女性に配布するサンケイリビング新聞社「シティリビング」の公式サイト。

伝統文化保全でヘナ・タトゥー<じゃかるた新聞>(2023/11/8)

インドネシアのアチェ州バンダアチェ市で11月7日、地域の伝統文化や習慣を保全するため、ヘナタトゥーのコンテストが開かれた。手にヘナタトゥーを施している女性の写真。*「じゃかるた新聞」はインドネシアの邦字新聞。

「大丈夫だよ。ウカヘナがある。」 ウカヘナユーザーボイスの動画を公開<PR TIMES>(2023/10/6)

トータルビューティーカンパニーukaがでウカヘナ(国産、石垣のヘナ)ユーザーボイスの動画を公開。2022年11月のサロン体験が始まり、これまで延べ1,000名近くのお客さまが体験。今回はユーザー6名が語るウカヘナの声。

Vol.1 「体質にカラー剤が合わないと思っていて、だけどカラーをすることの怖さがなくなった」/Vol.2 「ヘナカラーでも色が選べるのがよかった」
/Vol.3 「えー! この歳でこのツヤ!? という驚きをくれた」/Vol.4 「いつものヘアカラーをしていた時と手触りが違うし、頭皮がすごくすっきりした。」/Vol.5 「妊娠するにあたって、ケミカルなものはやめようと思って。ウカヘナは作り手の顔が見えるので安心して使えています」/Vol.6 「白髪は気になるけれど、カラーをするということ自体に抵抗はありました。だけどヘナ天然なので、自分の中で受け入れやすかった」

2023年春夏に収穫されたフレッシュな“新ヘナ”。10月4日(水)に一番摘み uka クイーンオブ石垣 ヘナを発売<PR TIMES>(2023/10/5)

トータルビューティーカンパニーukaが特別な“新ヘナ”を発売。2023年の一番ヘナ(2023年春~秋にかけて収穫された「一番摘み」のuka クリーンオブ石垣 ヘナ)。冬を耐え、手摘みされたヘナは瑞々しくフレッシュ。オーガニックにこだわり、農薬も化学肥料も使わないヘナ。石垣の太陽を浴びて育ったヘナをすべて手摘みし、目で見て小枝を取り除いて純度の高い粉末に加工。生産者は玉城享子さん。

更年期の「弱ってしまった髪」に天然100%ヘナが絶対にいい「これだけの理由」<OTONA SALONE><NewsCafe>(2023/9/21)

更年期、髪が「細くなってヘロヘロ」「うねりまくり」「ハリ・コシ激減」している人に。「天然100%ヘナ」で一生美髪を目指せる!<OTONA SALONE>(2023/9/21)

エイジングで衰える髪には、ケミカルカラーから「天然100%ヘナカラー」への変更がおススメ! 「ジャパンヘナ」の鈴木貴裕さんが、*天然100%ヘナは「オレンジ~赤褐色」、ハーブを追加して暗い色に! *ヘナは「髪質改善トリートメント」効果 *頭皮ケア効果 *ヘナのデメリット *ヘナショックなど紹介。「天然100%ヘナカラーはエイジングした髪と頭皮の救世主」とヘナについて語る。「OTONA SALONE」は主婦の友社運営、働く女性のためのWebサイト。

【40代・50代のヘアスナップ】ヘナとハーブで寒色系に染めたショートヘア<OurAge>(2023/9/9)

58歳(主婦)のサロンでのヘナ体験談。ヘナとハーブで寒色系に染め、ハイライトで白髪も目立ないヘアスタイルが実現。「ヘナは色が選べない印象がありますが、実は技術次第なんですって。いつもきれいな髪なので気分が落ち着きます」と大満足。「OurAge」は集英社の雑誌「MyAge」のオンラインメディア。女性の美と健康を応援。

ヘナは白髪染め世代の救世主なのか⁉ 傷まない?髪が若返る?疑問をプロに聞いてみました【ヘナ染め・後編】<mi-mollet(ミモレ)>(2023/9/1)

ヘナ未経験者の素朴な疑問に、uka 東京ミッドタウン六本木のカラーリスト中田巧樹さんが答えています。
Q1ヘナと白髪染めの違いとは?
Q2植物の葉できれいに染まるのか? 髪がオレンジ色になると聞いたことがあるが……
Q3ヘナに向いている人、向いていない人は?
Q4ヘナ染めが自然に見える白髪の量は?
Q5肌が弱い方でも、ヘナならトラブルは起きない?
mi-mollet(ミモレ)は講談社が発信する大人の女性向けウェブマガジン。

髪のプロが選ぶ【白髪用カラートリートメント】 髪に優しく、自然に染まる! 使い方のコツも聞きました!<リンネル.jp>(2023/8/31)

自宅で白髪用カラートリートメントの使い方のコツを紹介。【天然のヘアカラー剤】 ヘナカラーも紹介。髪のプロからのアドバイスは「頭皮や髪にやさしく、髪のうねりを軽減する効果も。頭皮のデトックスにもなる」(新井さん)、「根元の立ち上がりがよくなってボリューム感もアップ」(shucoさん)、「初めて挑戦する場合、ヘナに詳しい美容師さんを味方につけて、計画的に移行するのがおすすめ」(伊熊さん)。宝島社発行の女性ファッション誌「リンネル」の記事。

繰り返しの白髪染めに不安を覚える40代。ヘナで白髪を染めたら嬉しい変化が!【前編】<mi-mollet(ミモレ)>(2023/8/25)

ヒットの予感(15)「ヘナ」現代人の髪悩みを解決する伝統ハーブ <国際商業オンライン>(2023/8/7)

「ヘナでヘアカラーもトリートメントも、髪質改善までかなう――。豊富なカラーバリエーションと地肌へのケア成分で、ヘナはヘアサロンの新たな救世主になるかも …」ではじまる「ヒットの予感」の記事。「ヘナ=落ちない白髪染め」のような印象を抱いている消費者もいるだろう、とあるが、そうだろうか? 登録して読めるログイン記事。

ukaのヴィーガンヘアカラーは一歩先へ。8月6日(日)正午より“新ヘナ”の先行予約をスタート。記念インスタライブの配信も<PR TIMES>(2023/8/5)

トータルビューティーカンパニーukaによる『uka クイーンオブ石垣 ヘナ』の商品紹介。石垣島で農薬も化学肥料も使わず、オーガニックにこだわってヘナを生産。今回は2023年春から夏にかけて収穫された「一番摘み」のヘナ。8月6日(日)正午からuka代表・渡邉季穂とヘアスタイリスト・shuco氏がインスタライブを開催。生産者の玉城氏もゲスト出演。トータルビューティーカンパニーuka(@instauka,@ukacojp)

ミニサイズで夏になりたい髪色を試せる<PR TIMES><時事メディカル>(2023/8/2)

スタージュ株式会社の新ヘアケアブランド商品PR記事。「海の恵みでヘナ以上毛染め未満、自然由来成分94.5%で白髪を染める、LPLP essenceより待望のミニサイズ 全5色が登場!」。染毛料白髪染めは、1回の置き時間が3分で深く艶髪へ染め上げるヘアトリートメントタイプの白髪染めとのこと。「海の恵みでヘナ以上毛染め未満の染毛料」のイメージ、染め具合はいかに?

自分で簡単キレイな白髪染め! 植物100%の「ナイアードヘナシリーズ」で髪にうるおいを与えよう<ガジェット通信 GetNews><新商品ナビ>(2023/7/27)

ナイアードヘナ染め体験と商品紹介記事。「白髪が気になるたびに美容院へ行って染めるのは面倒。カラー薬剤で頭皮や髪に負担をかけるのも避けたい。植物100%の髪染めなので、頭皮や髪を傷めることなく白髪を自然な色合いに染められるのが特長。仕上がりは赤茶・茶・黒茶・黒の4色から自分に合ったものを選べる」と体験者が紹介。

30歳から始めた白髪染め! 約15年の白髪との付き合いでわかったことは【体験談】<ウーマンエキサイト>(2023/6/27)

若白髪で30歳から白髪染めをはじめた44歳女性の体験談。ヘナ100%染めからはじめた白髪染めは思ったような染まりが期待できず、ジアミン入りのヘナカラーを6~7年。その次は髪型で白髪隠し。いまは一般的な白髪染め。皮膚への刺激を気にしながら、金色アクセントの髪色を楽しんでいる。ヘナ100%染めからヘアカラーへと変わったケース。

ウィンライフ・ジャパン/頭皮環境の改善に寄与/髪と頭皮ケアの新製品を発売<日本流通産業新聞>(2023/6/18)

ヘナに、ペパーミントやジンジャーなどを配合した、ウィンライフ・ジャパンの新商品「木木と バスタイムスカルプ(容量300g)」紹介記事。「日本流通産業新聞」。お湯と混ぜて、ヘアキャップで被せて10分程度放置した後、洗い流す。ウィンライフ・ジャパンのことを「ヘナを使用した頭髪用化粧品や健康食品などをネットワークビジネス(NB)で販売する」と紹介。

心にも体にも地球にも優しい!植物療法でナイスエイジングを叶えよう<ウーマンエキサイト>(2023/6/17)

講座『自然と調和して暮らす ~はじめての植物療法』を池袋コミュニティ・カレッジで2023年7月26日(水)~全3回で開催の案内。講師は自然療法ジャーナリストの藤田円氏。

家庭でも実践できる植物療法を紹介。第1回は「ヘナ」の神話や伝統的な利用方法を紹介し、「ヘナ」の手浴を体験。

ヘナパウダー市場規模、シェア、成長、傾向、予測2023-2030年<有限会社キムズ>(2023/6/15)

グローバルマーケットキーワード市場調査レポート2022– 2029
【目次】
第1章ヘナパウダー市場の概要
第2章産業に対する世界経済の影響
第3章メーカーによるグローバル市場競争
第4章グローバル生産、地域別の収益(値)
第5章世界の供給(生産)、消費、輸出、地域別の輸入
第6章グローバル生産、収益(値)、タイプ別の価格動向
第7章アプリケーション別のグローバル市場分析
第8章製造原価分析
第9章産業チェーン、調達戦略および下流のバイヤー
第10章マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー
第11章市場効果要因分析
第12章グローバル市場キーワード市場予測

「やっちゃお、攻めカワ」広がる髪色の自由化<読売新聞>(2023/6/10)

コロナ禍でおしゃれはマスクで隠れる顔から髪に向かったという。「ホットペッパー」2022年の調査では、美容室1回当たりの平均利用金額は7345円。コロナ禍前より668円多い。理由の1つは、髪を染める人の増加。美容室でカラーを利用した人の割合は53・7%。

紀元前3500年頃、エジプト人が植物のヘナを使っていた。源平合戦で斎藤実盛が白髪を黒く染めて出陣したという毛染めの歴史も紹介。そして、1990年代から茶髪が流行。男女を問わず、カラーを楽しむ人が増えた。「読売新聞」の記事にヘナのことがちょこっと紹介。メインはヘアカラー。

夏の星座をモチーフに!美しいブルートーンネイル新発売<ウーマンエキサイト>(2023/6/6)

ネイルブランド「Ducato」(デュカート)が「ナチュラルネイルカラー N」の新作を発表。夏の星座や神話から着想を得た色調。「カシオペア」は深い夜空と星をネイビーブルーと大粒ラメで「ヘナで染めた手」の別名を持つカシオペア座を表現。ただし、ヘナ入りではない。カシオペアは「爪を染めた女性の5本の指」に見えることから、古代アラビア、古代神話で「ヘナで染めた手」との別名を持つ。ヘナは古代神話からの歴史あり。

カシオペア座

県産ヘナ・琉球藍への思いを貫く 株式会社レイ企画 代表取締役 中村はる美さん<琉球新報>(2023/5/18)

16年前、ヘナの苗木を譲り受けたことをきっかけに、ヘナと琉球藍の研究を続けてきた沖縄・那覇のレイ企画中村はる美代表のインタビュー記事。「オーガニック琉球ヘナ」を販売中。「ユーザーさんに信用してもらうためには、見えないところでも手抜きをしてはいけない」と語る。琉球藍の加工技術も確立し、今年、これまで廃棄されていた琉球藍の茎を活用した線香を開発。

「ノンケミカルの選択肢を作る責任がある」 ヘアサロン「ウカ」が提案するヘナカラー<WWD>(2023/5/18)

沖縄県石垣島で有機栽培されたヘナをプロデュースするトータルビューティカンパニー「ウカ(UKA)」が提案する「ヘナ シリーズ」。石垣産ヘナの製品化まで道のり、インド産との違い、ケミカル施術から考えるノンケミカルの選択肢などを渡邉弘幸ウカ代表取締役CEOのインタビュー記事。「ヘナに共感してもらいやすい時代になった」と語る。

ヘナタトゥーを入れた背中やメイドコスプレを披露以上の“衝撃告白”も…“元魔性の女”奥菜恵(43)の「正直すぎる女の生き方」《3度目の退社》<文春オンライン>(2023/5/16)

女優の奥菜恵が所属事務所を退所したというエンタメニュース。2008年に出版した自叙伝『紅い棘』(双葉社)の中でセルフポートレートを100点以上掲載。その中に「ヘナタトゥー」を入れた背中があらわなセミヌード写真あり・・・とのこと。15年前28歳のとき、背中に「ヘナタトゥー」とはすごい!

染めるほどツヤがアップ&髪しっとり!セルフでもできる「ヘナ染め」に変えて正解!【体験談】<ウーマンエキサイト>(2023/4/29)

ヘアカラーでぱさぱさの髪が悩みだった40代の女性が美容院ですすめられたのがヘナ染め。仕上がりにびっくり! 時間がたっても髪が赤くならず、驚くほどしっとり。引っ越し、コロナと美容院に行けなくなってからは自宅ヘナをスタート。使用ヘナはナイアード「ヘナ+木藍黒茶系」。自宅で2週間に1度のヘナ染めから3カ月。まとまりの良いツヤのある髪に変身。

【V-air導入事例】「メタバースで熱量が伝わるコミュニケーションを」株式会社ジャパンヘナ様の事例をご紹介します<PR TIMES>(2023/4/19)

メタバースの活用をはじめたジャパン・ヘナとその導入例を紹介。メタバース は、コンピュータの中に構築した3次元の仮想空間を使ってのサービス。「美容業界は、未だにFAXでのやり取りが残っているほどアナログ状態。メタバース活用で業界全体を盛り上げながら最先端の企業としてイニシアチブを取っていきたい」「言語に縛られないメリットを生かし、グローバルに自社製品を知ってもらいたい」という。

50代頭皮が心配…ダメージが少ない白髪染めって?(Web eclat) – Yahoo!ニュース<エクラ2023年4月号>(2023/4/17)

頻度が高くなると白髪カラーリングはダメージレスが大事なので、トリートメント効果も期待できて頭皮ケア&デトックスもある「ヘナカラー」を50代のモデルが体験。画像と一緒に紹介。ヘナだけでは赤みが強くなるので、「ヘナ:インディゴを1:1」でMIXしての毛染め。使用ヘナはuka。

*集英社発行の婦人向けファッション雑誌「eclat」のヘナ記事。50歳前後の主婦層が主なターゲット。

山本浩未さんのカラーリング術。ヘナ+セルフ染めを併用し、ツヤと色の遊びで気分を上げて Yahoo!ニュース<『クウネル』2023年1月号>(2023/4/12)

ナイアードのヘナシリーズに『ヘナ+木藍 黒』が登場! 自宅で手軽に染められるヘナをおためし♪<おためし新商品ナビ>(2023/3/28)

ヘナメーカーのナイアードから2023年2月に発売された、新色『ヘナ+木藍 黒』。木藍(インディゴ)入りの商品を発売してから今年で20周年を迎えたが、ヘナシリーズの中でも最も暗いカラー。「もっと濃く染めたい…」という愛用者の声により発売が決定。染め方、仕上がり具合も紹介。

ヘアカラーは、ノンケミカルなヘナカラーにシフト。<Beautyーフィガロジャポン>*「フィガロジャポン」2023年3月号より抜粋(2023/3/23)

「酸化染料、ジアミンにアレルギーを起こす人は少なくない。白髪は染めたい、でも頭皮の刺激に過敏になったら、ヘナカラー適齢期」。沖縄県石垣の農園で育てられた「ヘナ&インディゴ」でのセルフカラーの紹介。*「フィガロジャポン」2023年3月号より抜粋

ヘナカラーのおすすめ8選|髪をいたわりながら自宅で白髪染め<Esquire>(2023/3/20)

白髪染め「ヘナカラー」の効果やデメリット、選び方などを解説。▼ ヘナカラーとは。トリートメント効果はある?▼ ヘナカラーのデメリット▼ ヘナカラーの選び方▼ ヘナカラーのおすすめ8選▼ ヘナカラーの使い方▼ ヘナカラーを使うときの注意点▼ まとめ

創業35年「JAPAN HENNA」 ヘナ塗布に特化した「ヘナスカーフ」を開発<PR TIMES>(2023/2/15)

ジャパンヘナが「ヘナスカーフ」を販売。サロンでのヘナ塗布後、スカーフをして帰宅し、自宅でヘナを洗うお客様用。ファッション性、デザイン性を考え、帽子で有名なCA4LAの元デザイナーでCMの帽子デザイナーのnaoko shiraishiさんとの共同開発。*ヘナスカーフ(フルール)花柄 11,000(税込)

ヘナ染めでもモードな仕上がり。トップサロンで受ける至福のヘナ【エディター体験禄】<VOGUE>(2023/2/7)

グレイブレンディングの選択肢に。進化したヘナカラーをレポート【エディターの推しコスメ】<VOGUE>(2023/2/6)

白髪も染まるヘナカラーとは? その効果やメリット・デメリットを解説<marie claire>(2023/1/27)

【第二弾】実はこれが原因かも? 抜け毛や薄毛が進行する意外な理由。おすすめグッズもご紹介< さかにゅー>(2023/1/26)【協力:スーパースカルプ発毛センター堺東店】

ヘナは白髪を染めるだけでなく、髪の毛も元気にしてくれるんですね!すごい!
意外と多い?!実はこれが薄毛の原因かも /オススメ!頭皮や髪にやさしい天然の白髪染め / どれを選べばいいの?選ぶ時の注意点 

頻繁なサロン通いから解放!おうちで「カラダにいい白髪染め」始めませんか?< ELLE>(2023/1/12)

化学薬品入りの白髪カラー剤は、髪や頭皮にダメージを与えてしまうのでは?」そんな方におすすめ … 原材料はオーガニックのヘナ100%で、化学薬品は不使用!

【美を伝える人-企業編-】uka 渡邉弘幸氏(後編) 石垣産ヘナでヘアカラーの概念を変える<FASHIONSNAP.COM>(2022/12/27)

白髪は減らせる?!『カラダにいい白髪染め』をオンラインで学ぼう<ウーマンエキサイト>(2022/12/24)

薄毛、白髪の原因はヘアカラーだった!? 今すぐヘアカラーをや部るべき理由 白髪を隠したくて染めているなら、逆効果かもしれない?<wellness>(2022/12/17)

カラーリングをすると白髪が増える!? ヘアカラーの何が危険なの? ヘアカラーをやめれば薄毛や白髪は改善するの? ヘアカラーは環境汚染にも

【ヘナ染め2022最新】ヘアカラーの歴史が変わる!? ヘナカラーの基本のき&最前線を人気ヘアスタイリストが伝授! 髪にも頭皮にも地球にも優しい! ヘアカラーの新トレンド、「ヘナ染め」って?<ELLE>(2022/12/01)

<INDEX>ヘナって何? 良いヘナの選び方 / ヘナを愛用する理由は? / 知っておきたい! ヘナカラーのメリット・デメリット / 初心者でも失敗しないヘナ染めの基本 / ブリーチ毛でもヘナで染まる? ヘナ染めQ&A / 最新ヘナカラーまで ! おすすめヘナカラー8選

白髪を隠す派? 染めないで見せる派? グレイヘア芸能人1位は〈週刊朝日〉(2022/11/13)

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

カラーリング派だった、医師のおおたわ史絵さんはコロナ禍からヘナ染めへ。いまでは10日に1回セルフヘナをして、天使の輪ができているそうです。

ヘナに初挑戦!moi奮闘記<紹介ヘナ:マックヘナ>(2022/10/16)

ヘナカラーで白髪染めも自然な仕上がりに! ヘナカラーのメリット・デメリット 健康的に白髪染めをしたい人は必見! <使用ヘナ:ラクシュミー>(2022/09/28) 

「Googleアラート」から届く最新情報をお伝えします。自分が欲しい情報のキーワードを登録しておくと、最新情報をメールで通知してくれるGoogleのサービスです。わたしは「髪 ヘナ」で登録中。その中から紹介しています。

Google アラート - ウェブ上の面白い新着コンテンツをチェック

(注)記事の中には「広告記事」ということもありますので、メディアリテラシー(メディアから得た情報を見極めるスキル」が大事にもなります。「CMリテラシー」とも言えます。

「ヘナ」書籍   *新しく出版された順番で紹介

本棚にあるヘナ本

「脱白髪染めのはじめかた でもいきなりグレイヘアは無理!」(伊熊奈美)2022/9/8

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

購入しました。これから読みます。

「国産ヘナ教本」(エグチテルヒサ)2021/8/1

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

エムテック社長、美容師の江口照久さんによる、沖縄「国産ヘナ」本。沖縄ヘナとの出会い、美らヘナファクトリー建設、そして国産「美らヘナ」販売など・・期待の国産ヘナについてまとめた1冊。オールカラーでヘナ染めBefore&Afterもわかりやすい。ヘナ盛りも芸術的。

「髪 あるがままの美しさを求めて」(森田要)2021/4/26

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

森田要さんが40年余りの美容師経験から行きついた「美髪再生への道」を伝える1冊。髪を「壊す、修復する」を繰り返している現状を見直し、体にも髪にも優しい洗髪、傷んだ髪の回復にはヘナ、白髪染めはヘナやハーブ・・・を提案。

「いい白髪ケア、やばい白髪ケア」(伊熊奈美)2020/10/28

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

ヘアカラーの問題をはじめ、プロ染め、セルフ染め、根元、日々のケアなど・・・女性の悩み「白髪」ケアを美容ジャーナリストが伝える。*<第4章 今、大人女性が気になって仕方がない 「ヘナ」のトリセツ>

「一生美髪 ヘナが教えてくれたこと」(おっこ) 2019/4/19

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

40歳の時ヘナに魅せられて、ヘナインストラクターとなった体験談。男女のヘナ染め前後を写真付きで紹介。美容師資格もないのに、どうやってヘナインストラクターができるのだろう? 不思議・・・。

ヘナ巧匠 2017/7/1

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

ヘナ&ハーブカラーインストラクターを30年近く続けてきた「ヘナ伝道師グッチ」(江口照久さん)によるヘナマニュアル本。オールカラー。白髪率(0%~80%超)にあわせた悩み、色のニーズにプロがこたえる。43人の髪ケースを画像とともに紹介。美容師&理容師必読の1冊。

ヘナ巧匠

「最高のヘナを求めて ー髪を美しくする奇跡の植物」(森田要)2017/5/1

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

美容師歴30年以上の経験から、薄毛、傷んだ髪、白髪へのヘナの効果を伝える1冊。「いくつになっても美しい髪に戻れる」と言いきり、シンプルなヘアケアを提案。本物のヘナの力を力説する。

「ヘナ伝道師グッチ『ヘナ教本』」(エグチテルヒサ)2017/3/21

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

ヘナ伝道師20周年を迎えた、エムテック社長、美容師の江口照久さんによる「ヘナ教本」。ヘナ講座、講習会、10年間のブログをもとにまとあげた情報満載の1冊。施術方法、カウンセリング、アフターケアなどなど。オールカラー。46歳のとき、ご自身もヘアカラーでアナフィラキシーショックになった経験あり(画像あり)。

「神秘の植物、ヘナ」(中西洋子)2017/1/1

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

自然ヘナ・シロダーラ研究会創始者・中西洋子さんによるヘナ本。アレルギー体質でアーユルヴェーダからヘナと出会った。ヘナを「夢のような奇跡の植物」と言う。

「新版 なっとく!のヘアカラー&ヘナ&美容室選び」(森田要&山中登志子)2015/12/11

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

「ヘナ愛」管理人(山中登志子)のヘナ初本(共著)。「髪はどんな成分で染まっているのか?」に答え、おすすめ&おすすめしない毛染め、へアカラーを商品名で紹介。ヘナのまがいものの見分け方も伝える。美しい髪のために、正しく知り、選ぶ力を持ってほしいと願って書いた1冊。

「美髪再生―髪にやさしいヘンナをはじめましょう」(塩田鹿納命)2008/7/1

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

ヘナで本来の髪の力美しさを取り戻す方法をまとめた本。「髪には魂があり、髪に心がある。頭髪は美の源泉であり、女の生命である」(出口王仁三郎)の言葉をとりあげ、「本当の美しさは自分の中にある」とスピリチュアル的な観点も伝える。

「トリートメントヘアカラー ヘナ―若々しく美しい髪を保つために」(塩田要)2000/6/1

編集家@山中登志子
編集家@山中登志子

1998年初版。著者が「髪の毛を傷めないで染める方法はないか?」を探求していた時に出会ったヘナ。ヘナとヘアダイのメリット&デメリットも比較し、育毛やトリートメント効果のあるヘナをすすめる。

スポンサーリンク
「ヘナ愛」シェアしてね!
山中登志子をフォローする
ヘナ愛「Love for Henna」
タイトルとURLをコピーしました